2018年02月10日

お友達の演奏〜日本バッハコンクール 全国大会〜

今日は、日本バッハコンクールの全国大会で、お友達の演奏を聴かせていただきました。
ホールの舞台に大きく日本バッハコンクールとあり、座席の中央は審査員席。。。拍手もしてはいけないような?雰囲気の
かなり、緊張する場所でした。

でも、落ち着いたグリーンのドレスで登場されたお友達は、
緊張された様子もなく、伸びやかな暖かい音で、
平均律第2巻第19番イ長調 を、弾きとおされました
すごく素敵でした!!完璧でした

自分の思う演奏を求めて、練習を重ね、全国大会にまで進まれ、緊張する舞台でも、堂々と、演奏されて、素晴らしいです!

いつもレベルアップされていく姿に、本当に刺激をいただきます。

私も、がんばろ!







posted by Roo at 23:35| Comment(2) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

遠くから自分の弾いた音を聴く。

自分の演奏を遠くから聴いているように感じて弾くという事は、よく言われることだけれど、なかなかその感覚が掴めません。
でも、せめて鍵盤ではなく、弦から音が出ていると感じられたらいいなと思いました。
その感じは、何とか、掴めることがあります。
たったそれだけの事ですが、そうすると、少し、客観的に、聴くことが出来るようになる気がします。
肩周辺も変に力が入らなくなる気がする。

不思議。

2018年01月06日

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます
今年も、ピアノの話題ばかりですが・・・
どうぞ、よろしくお願い致します!

昨年末に行った宮崎翔太さんのピアノリサイタル。

   プログラム

J.S.バッハ=ブゾーニ編 
    コラール前奏曲 ト短調「いざ来ませ、異邦人の救い主よ」BWV659
F.ショパン 
    幻想曲 ヘ短調 op.49
P.I.チャイコフスキー=プレトニョフ
    演奏会用組曲「くるみ割り人形」 
R.シューマン
    クライスレリアーナ op.16

私は、クライスレリアーナが好きで、大人になって、ピアノを再開した当時、
先生に「ただ聴いているより、譜読みしてみたら、わかるかもしれないので。」と今から考えると恥ずかしくなるような無理を言って、譜読みだけさせていただいたことがあります。
もちろん、無謀もいいところだったので、ささ〜っと撫でただけで終わってしまいましたが(^^;
そんな大好きな曲を、うっとりするような演奏で聴かせていただけて、幸せでした!

他の曲も、どれもこれも、素敵でしたが、特に、バッハは、最高!アンコールもバッハでした!
本当に素敵な音色!

やはり、生演奏は、良いですね♪
今年は、コンサートに足を運び、生演奏を沢山聴けたらと思います。   












続きを読む
posted by Roo at 00:46| Comment(4) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

西洋館ふわふわ音楽会♪

去年も参加させていただいた「西洋館ふわふわ音楽会」、今年も参加させていただきました。
会場に入った途端、優しい空気につつまれるようで、ふわふわさんのお人柄のように、暖かくて居心地よい音楽会でした

私は、ショパンのプレリュードOp.28から19〜22番を弾かせていただきました。
ショパンのプレリュードは、大好きな曲集で、全曲弾いてみたいと思っていたのですが、
19番から22番まで、なかなか練習する機会がありませんでした。
いろいろと衰えてきている私、とにかく、やりたい曲から、やったほうが良いのではと、
この機会に弾かせていただこうと思いました。
思ってしまいました。。。(汗)

ひどい演奏になってしまい、聴いて下った方、本当にごめんなさい!!

皆さんの演奏は、ピアノへの愛情があふれていて、いつまでも聴いていたい感じでした。
素晴らしい演奏の数々に、良い刺激を沢山いただきました。

打ち上げで、ご一緒した方が、自分が良いと思ったところを伝えるために弾いているとおっしゃっていました。
そして、どんなに、初心者でも、譜読み途中の曲でも、自分の理想とする音を目指すことをあきらめてはいけないと。
その理想を下げてはいけないと。そして、やり方を間違えなければ、音楽的に弾けない人などいないとも。
(ちょびっと酔っていたので、ニュアンス違っていたら、ごめんなさい。) 

すごいなぁ。

素敵な方々に囲まれて、本当に楽しい時間でした!
ふわふわさん、皆さん、ありがとうございました


今回、練習する機会をいただいたおかげで、プレリュードのブログ、全曲録音UPすることができました。
宜しかったら覗いてみてくださいね♪ → http://pyula.seesaa.net/
今聴いてみると、テレビの音や、爪の音など入って、なんでこんなのUPしたんだろうと、恥ずかしすぎるのもあります(^^;



posted by Roo at 09:22| Comment(6) | 私の発表会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

カティア・ブニアティシヴィリ ピアノ・リサイタル

先日、サントリーホールにカティア・ブニアティシヴィリのピアノリサイタルを聴きに行ってきました。

息を飲むような、幻想的な瞬間が沢山あって、引き込まれました。

密やかな、繊細な音なのに、情熱的でした。

聴きにいって良かった!生でこんな素晴らしい演奏を聴けて、幸せでした

アンコールでは、スタンディングオベーション!

こんなに喜んでくれているから、もう一曲弾いちゃおうかな〜という感じで、4曲も弾いてくれて、

客席も興奮の渦でした!



    

プログラム


ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第23番 ヘ短調Op.57「熱情」

Beethoven: Piano Sonata No. 23 in F minor Op.57 ” Appassionata ”

リスト:ドン・ジョヴァンニの回想

Liszt: Réminiscences de Don Juan

*********

チャイコフスキー(プレトニョフ編曲):くるみ割り人形

Tchaikovsky-Pletnev: Nutcracker suite

ショパン:バラード第4番 ヘ短調 Op.52

Chopin: Ballade No. 4 in F minor Op. 52

リスト:スペイン狂詩曲

Liszt:Spanish rhapsody

リスト(ホロヴィッツ編):ハンガリー狂詩曲 第2番

Liszt- Horowitz:Hungarian rhapsody No.2


アンコール


ドビュッシー:月の光
リスト:メフィスト・ワルツ第1番
ヘンデル/ケンプ編曲:メヌエット
ショパン:前奏曲 ホ短調 op.28-4
posted by Roo at 00:10| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

小倉貴久子のモーツァルトのクラヴィーアのある部屋♪

先日、小倉貴久子さんと山名敏之さんのフォルテピアノのコンサートに行ってきました。

♪プログラム♪

モーツァルト:小品 ト短調 K.15r
アウエルンハンマー:〈魔笛〉のアリア「おいらは鳥刺し」の主題と6つの変奏曲 ト長調
モーツァルト:四手のためのソナタ 変ロ長調 K.358
モーツァルト:「ああお母様聞いてちょうだい」による12の変奏曲 ハ長調 K.265
モーツァルト:二台のクラヴィーアのためのフーガ ハ短調 K.426
モーツァルト:二台のクラヴィーアのためのラルゲットとアレグロ 変ホ長調 K.deest
モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ ヘ長調 K.376(二台クラヴィーア版)
モーツァルト:二台のクラヴィーアのためのソナタ ニ長調 K.448

モーツァルトが特別な親愛の情を持っていたというアウエルンハンマー嬢にまつわる二台のクラヴィーアのための作品と連弾曲のプログラムです。
小倉喜久子さんのおしゃべり、生き生きとした、お二人の掛け合いが楽しくて、あっという間に時間が過ぎていきました
モーツァルトの時代も、こんな風に、即興的に演奏されたとのお話をされていました


posted by Roo at 20:35| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

宇奈月温泉モーツァルト祭

昨日、富山、宇奈月温泉のモーツァルト祭で、演奏してきました。
お友達が、一昨年参加されて、素敵なところだなぁと思っていたので、ちょうど、モーツァルトソナタを練習していたこともあり、行ってみたいと思いました。このモーツァルト、長い間、練習しているのに、なにか、しっくりこなかったんです。
それが、ずっと練習しているうちに、いい曲だなぁ、ここ素敵というポイントが増えてきた。
前よりいい曲だと思いながら弾けるようになった、それが、すごく幸せ
本番で、それが、出来たわけではないけれど、
参加させて戴いたことで、これまでの練習期間を含め、とても有意義な時間を過ごす事が出来たと思いました!
反省点も沢山あるけど、この曲を練習し続けてきて良かったと思えた事は収穫😊

2人のお友達、モーツァルト祭のスタッフの皆さま、聴きにいらして下さった方、本当にありがとうございました!

posted by Roo at 09:43| Comment(4) | 私の発表会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

ハンマーの削り直し

ハンマーの溝が深くなってきたので、削りなおしたほうが良いとのことで、
5年前に中古のピアノがうちに来てから、初めて削ってもらうことにしました。
ソフトペダルを踏んだ時に音がかすれたり、音色にむらがあったりも、ハンマーの溝が原因ではという事です。

削るというので、ナイフみたいなもので削るのかと思ったら、紙やすりのようなものでこするんですね。
削ると音が硬くなるとおっしゃっていましたが、ソフトに整えて下さって、音のむらも直って、綺麗な音になりました
ちょっと鳴らなくなってしまったけれど、しばらく弾いているうちに、鳴るようになるとおっしゃっていました。

うちに来る前にも、何回か削っているらしく、次は、ハンマーを交換したほうが良いようです。

その時に、ハンマーを交換してもらおうと思えるくらい、ピアノ楽しめていたらいいですが

今、モーツァルトソナタ4番と、連弾のアイネクライネナハトムジーク全楽章、ショパンのプレリュードの残り19番から22番を練習しています。夢だったショパンプレリュードを一通り弾いてみるというのが、叶いそうで嬉しい!
それから、ショパンのバラ1も。。。やはり、弾いてみたい!
この歳になったら、やりたいことからさっさかやったほうがよさそう






posted by Roo at 23:19| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

今弾いている曲♪

今、グリーグの叙情小曲集から、何曲か弾きながら、モーツァルトソナタ4番も、弾き続けています。
グリーグは、始めて弾きますが、叙情小曲集は、短めのバラエティに富む曲が沢山あって、譜読みするのが楽しいです。
どちらも、音数は、そんなに多くないですが、曲が表現しているものは、すごく豊かなのでは?と思います。。。が、
それを、感じて、弾くのは、本当に難しいです

音数が少ないから余計難しい気がします。
特に、モーツァルトは、今までも、余り、弾きたいと思わなかった作曲家さんです。
最近、「モーツァルトのいる街」井上太郎著 を読みました。
モーツァルトのピアノ以外の曲は、聴こうと思って聴いたことが殆どなく、
作品番号や、曲名が出てきても、よくわかりませんでした。
それでも、モーツァルトのいろいろなエピソードは、興味深く、何とか、最後まで読みました。
今は、便利で、スマホで、作品番号を検索すると、すぐ、聴くことが出来ます
特に気になったものだけ、聴いてみると、あぁ、この曲かと知っているものもありましたが、
本当に、私は、モーツァルト、聴いていないんだなと思ったし、
モーツァルトは、オペラや、交響曲など、山ほど作曲していたんだと、今更ながら、知りました。
レッスンでも言われることですが、モーツァルトのソナタ弾くときに、
弦楽器や、歌声をイメージ出来たら、もっと楽しく弾けるのかもしれないですね。
全然、興味なかったけれど、少し、オペラでも聴いてみようかな。

グリーグは、アリエッタ、ワルツ、春に寄す、羊飼いの少年、ノルウェーの農民行進曲、夜想曲など弾いてみたいです。
8月に、お友達と練習会をするので、その時にいくつか弾けたらと思っています
posted by Roo at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | モーツアルトソナタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

お友達の発表会♪

今日は、サンドさんの発表会でした。
ショパンのエチュード「エオリアンハープ」を弾かれました。
難しい曲ということを感じさせない、とても、綺麗で気持ちの良い演奏
素敵〜うっとりでした。
特に、最後の方のアルペジオの上下するところは、光が揺らいでいるようでした
先生が、とても、気さくで楽しい方で、「時間が余ったので、連弾しましょう!!」とおっしゃり、
「これ弾こう?これは?だれだれちゃん〜!」と、舞台から声をかけられ、急きょ、連弾大会になりました

実は、サンドさんと先生の連弾が、発表会の一番最初にあったのですが、
少しホールに入るのが遅れてしまい、聴くことが出来ませんでした。
この時とばかりに、先生とサンドさんの連弾のアンコールをお願いしたところ、
のりのりで、中田喜直の「汽車は走るよ」を弾いて下さいました。
楽しかった〜
半年に1度、発表会をされているとのこと。
また、聴かせてくださいね♪
posted by Roo at 20:37| Comment(2) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする