2018年07月13日

グリーグ 叙情小曲集 エレジー Op.38,No.6 練習録音♪


響きが上に上がる気持ちの良い音で弾きたいですが、鳴らなかったり、押さえつけたり、きつい音だったり、難しいです。
密やかな感じがするところも、大切にしたいと思いました。
もっと、長いフレーズで、歌えたら良かったかな?
テンポも遅すぎたような?
posted by Roo at 17:13| Comment(2) | グリーグ 叙情小曲集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

グリーグ叙情小曲集「ノルウェーの農民行進曲」練習録音♪


最近、本当に、心身ともに、老化を感じています
曲も頭に入ってこない。少しでも、頭に入るように、この曲は、譜読みの時から、少しずつ、覚えて弾くようにしていました。
それなのに。。。25小節目からの左の5度の和音が続くところ、どうしても、間違えずに弾くことが出来ません。
そんなに、覚えるのが難しいところだとは思わないのですが。。。自分で、自分が心配になる。。。
冷蔵庫の卵も、ときどき増殖しているし。。。

この録音は、何とか、弾いています。


posted by Roo at 22:44| Comment(4) | グリーグ 叙情小曲集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャルル・リシャール=アムラン ピアノリサイタル 

私の周りで、とても評判の良いアムランのコンサート、オペラシティに行ってきました。

・シューマン:アラベスク ハ長調 op.18/幻想曲ハ長調 op.17
・ショパン:バラード(全4曲)

アンコールも、沢山弾いてくれました!

ショパン:
・ノクターン 第20番 嬰ハ短調(遺作)
・練習曲 op.10-3「別れの曲」
・幻想即興曲 op.66
・ポロネーズ 第6番 変イ長調 op.53「英雄」

優しい熊さんのような外見で、演奏にも穏やかな時間が流れていました

posted by Roo at 09:12| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

ディーナ・ヨッフェ 〜スクリャービンとショパンの24の前奏曲を交互に奏でる〜

先日、ディーナ・ヨッフェさんのコンサートに行ってきました。
題名の通り、スクリャービンとショパンの前奏曲を交互に演奏されました。
ショパンの前奏曲、普段は、続けて聴いているので、
スクリャービンの前奏曲が、挟まれることで、とても新鮮に響きました。
アンコールは、モーツァルトのデュポールのメヌエットによる9つの変奏曲でした。

なんて、立体的で、暖かな音楽なんでしょう!
声部ごとに全く違う音色で弾かれているのは、もちろんのこと、同じ声部でも、一つ一つ、音が違っている。
そして、とても大切に、強調されている音が、こちらに、伝わってきました。
どの音も、均一じゃないけれど、すごく自然に歌われていて、引き込まれました。

お人柄も、暖かそうで、最後に、英語で、暖かく聴いて下さってありがとうとか? 何か言ってくださいましたが、
私には、残念ながら、よくわかりませんでした(^^;





posted by Roo at 22:51| Comment(2) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

お友達の発表会♪

お友達の発表会に行ってきました
最初に弾くお子さんが、リラックスできるようにと、先生が、最初に小品を弾いて下さったり、
親子連弾や、連弾のメドレーがあったり、
温かな楽しい発表会でした!
お友達は、連弾「サウンド オブ ミュージック」のメドレー3曲と
ショパンのノクターン第17,18番を弾かれました。
心に残る、素晴らしい演奏で、お友達の作られた世界に会場の人も引き込まれていくのが、感じられました
私は、ショパンのノクターンの中でも、この2曲は、特に好きなので、
その大好きな曲をこんなに素敵に聴かせていただけて、嬉しかったです!
あっという間で、もっと聴いていたかったな〜。

一緒に行ったお友達とも、久しぶりに、ゆっくりお話しできて、楽しい時間を過ごせました
posted by Roo at 23:34| Comment(2) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

ショパン バラード1番 暗譜♪

週末にショパンバラード1番を弾いてきました。
暗譜で弾くことにしてからは、それほど暗譜も怖いと思っていませんでした。
音程が何かを確認しようとすると、不安になる。
どんな感じで弾きたいのか、それぞれの部分の意味、どういう曲なのかだけを考えて弾けば、不安なく、進んでいくような気がしていました。
うん、大丈夫!なんとかなるよね!

ところが。。。前々日くらいから、どこもかしこも急に不安な状態に。
何の音だっけと、考えずにはいられない。
そして、音感の無い私は、わからなくなり、心配で心配で、ピアノの前を離れられません。
弾けていた個所も、疲れてボロボロ。益々、ガタガタになっていきました。
何やってるんだろう。私(^^;

初めてのピアノは、スタインウェイのフルコンでした。

思っていたような弾き心地ではなく、鍵盤が、なかなか返ってこないような?遠くでなっているような?
どうやって弾いてよいのかわからず、動揺しました。
とにかくゆっくり弾くしかなく、途中、何回か弾きなおしましたが、最後の音を弾いたときは、最後まで行けたことに自分でびっくり(笑)
ひどい演奏だったと思います( ;∀;)

今回の反省点。

暗譜は、心配するだけ損!そんなに酷いことには、そうそうならないですよね。
弾くことの練習は、ほどほどに。
最初から音をイメージできるように、練習(できたらいいなっと)。

私は、何回も弾くことで、何となく音が分かった気になってしまうけれど、結局、少し何かあると、崩れてしまう。
弾くことで覚えるとうまくいかないんでしょうね。不安で何回も弾くのが、かえってよくない気がする。
もう少し、身の丈に合った、楽譜を音にイメージ出来る(読める)曲をもっと練習したほうが良いのかなぁと思いました。
とにかく、バラ1は、私にとって超チャレンジ曲、難しかった〜!

同じピアノをうまくコントロールされて素晴らしい演奏が沢山あって、うっとりと聴かせていただきました♪
反省もあったけれど、とても、良い経験になって、楽しい1日でした!










posted by Roo at 16:59| Comment(6) | ショパンバラード1番 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

ショパンバラード1番 練習録音


(4.19)

あちこち弾けてないですが、止まらずに弾けて嬉しい♪
しばらく、他の曲を練習しますが、年末に、お友達前で弾くまで、がんばります!


posted by Roo at 07:32| Comment(2) | ショパンバラード1番 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

お友達の演奏〜日本バッハコンクール 全国大会〜

今日は、日本バッハコンクールの全国大会で、お友達の演奏を聴かせていただきました。
ホールの舞台に大きく日本バッハコンクールとあり、座席の中央は審査員席。。。拍手もしてはいけないような?雰囲気の
かなり、緊張する場所でした。

でも、落ち着いたグリーンのドレスで登場されたお友達は、
緊張された様子もなく、伸びやかな暖かい音で、
平均律第2巻第19番イ長調 を、弾きとおされました
すごく素敵でした!!完璧でした

自分の思う演奏を求めて、練習を重ね、全国大会にまで進まれ、緊張する舞台でも、堂々と、演奏されて、素晴らしいです!

いつもレベルアップされていく姿に、本当に刺激をいただきます。

私も、がんばろ!







posted by Roo at 23:35| Comment(2) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

遠くから自分の弾いた音を聴く。

自分の演奏を遠くから聴いているように感じて弾くという事は、よく言われることだけれど、なかなかその感覚が掴めません。
でも、せめて鍵盤ではなく、弦から音が出ていると感じられたらいいなと思いました。
その感じは、何とか、掴めることがあります。
たったそれだけの事ですが、そうすると、少し、客観的に、聴くことが出来るようになる気がします。
肩周辺も変に力が入らなくなる気がする。

不思議。

2018年01月06日

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます
今年も、ピアノの話題ばかりですが・・・
どうぞ、よろしくお願い致します!

昨年末に行った宮崎翔太さんのピアノリサイタル。

   プログラム

J.S.バッハ=ブゾーニ編 
    コラール前奏曲 ト短調「いざ来ませ、異邦人の救い主よ」BWV659
F.ショパン 
    幻想曲 ヘ短調 op.49
P.I.チャイコフスキー=プレトニョフ
    演奏会用組曲「くるみ割り人形」 
R.シューマン
    クライスレリアーナ op.16

私は、クライスレリアーナが好きで、大人になって、ピアノを再開した当時、
先生に「ただ聴いているより、譜読みしてみたら、わかるかもしれないので。」と今から考えると恥ずかしくなるような無理を言って、譜読みだけさせていただいたことがあります。
もちろん、無謀もいいところだったので、ささ〜っと撫でただけで終わってしまいましたが(^^;
そんな大好きな曲を、うっとりするような演奏で聴かせていただけて、幸せでした!

他の曲も、どれもこれも、素敵でしたが、特に、バッハは、最高!アンコールもバッハでした!
本当に素敵な音色!

やはり、生演奏は、良いですね♪
今年は、コンサートに足を運び、生演奏を沢山聴けたらと思います。   












続きを読む
posted by Roo at 00:46| Comment(4) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする