2017年09月07日

ハンマーの削り直し

ハンマーの溝が深くなってきたので、削りなおしたほうが良いとのことで、
5年前に中古のピアノがうちに来てから、初めて削ってもらうことにしました。
ソフトペダルを踏んだ時に音がかすれたり、音色にむらがあったりも、ハンマーの溝が原因ではという事です。

削るというので、ナイフみたいなもので削るのかと思ったら、紙やすりのようなものでこするんですね。
削ると音が硬くなるとおっしゃっていましたが、ソフトに整えて下さって、音のむらも直って、綺麗な音になりました
ちょっと鳴らなくなってしまったけれど、しばらく弾いているうちに、鳴るようになるとおっしゃっていました。

うちに来る前にも、何回か削っているらしく、次は、ハンマーを交換したほうが良いようです。

その時に、ハンマーを交換してもらおうと思えるくらい、ピアノ楽しめていたらいいですが

今、モーツァルトソナタ4番と、連弾のアイネクライネナハトムジーク全楽章、ショパンのプレリュードの残り19番から22番を練習しています。夢だったショパンプレリュードを一通り弾いてみるというのが、叶いそうで嬉しい!
それから、ショパンのバラ1も。。。やはり、弾いてみたい!
この歳になったら、やりたいことからさっさかやったほうがよさそう






posted by Roo at 23:19| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする