2015年04月15日

またまた、ピアノのアクション 

何となく、浅く弾けば小さな音、深く弾けば、音が大きく響くというイメージをもってしまっていましたが、
そうではないのかもしれないですね。
音が良く響くのは、鍵盤が、下がっていく中の短いポイントなのかも??
まっすぐ下に、打鍵するより、奥や、手前に斜めに打鍵すると、弾きやすく感じるのは、その短いポイントが、まっすぐ降りるより長くなるからかも??



この記事へのコメント
こんにちは!

アクション、深く考えた事が無かったです。

よく先生に芯のある音とか、鍵盤の表面から底までの1cm強の間で音作りをしてと言われます。
弱い音でも芯のある音を弾くのが難しいのは、そのアクションに関係があるのかもしれませんね。
私のイケない癖なのですが、弾きながら指が前へ滑らせてしまう事があります。
自分では押し込んで弾く音が欲しくない時にやっている気がします。

アクション、考えるとどんどんハマりそうですね(*^^*)
Posted by ayayan at 2015年04月16日 10:28
あややん、こんばんは♪

>弱い音でも芯のある音を弾くのが難しいのは、

難しいですよね〜。私、弱いとなると、本当に薄っぺらい音になっちゃいます。

先生も、良く、弦をハンマーが叩くのを感じてというようなことをおっしゃっていました。
でも、私、ピアノの仕組みも、よくわかってなかったんです(今もわからないけれど (^^;)
先日、ピアノフォルテ、ハープシコード、クラヴィコードを弾き比べているCDを買ったら、解説に、この3つや、現代のピアノの違いなどが書かれていて、面白いなぁと思ったんです。

今弾いている、バラード2番技術的にも難しくて、どうにか、楽して、大きな綺麗な音が出せないかなと、思っていますが、やはり、ピアノの仕組みをわかっていないと、ダメなのかなぁと思いました。

こんな感じかなぁと思いついたことがあると、覚えておこうと書いちゃうけれど、あとから見ると、違うなぁと思うことも多いです。あややんのコメント拝見して、私が書いた「奥に斜めに打鍵すると」のところもう、違うなと思ってます(汗)

>押し込んで弾く音が欲しくない時にやっている気がします。

私もそうです!!そういう時に、奥に行きますよね♪

面白いですね!

いろいろ、考えなくても、仕組みを知らなくても、音聴いてわかるようになりたいです〜。


Posted by Roo at 2015年04月16日 22:56
Rooさん、こんにちは。

音色や音量、気になれど耳がいうこと利かずでむずかしいですね(ー_ー)!!
私の悪い癖は、押しこんだあとのワンクッション、気持ちを入れたつもり・・・が音にまでワンクッション入るらしくて、ボワンぼわんした音で軽く感じるらしいです。そうすると芯のない音になって・・・。
いかに直線的な音を出すか、そのあたりで苦戦してます。50年の癖は簡単には抜けないものですね。

響く音は、鍵盤に対してスーッと力が抜けたときの感じで、鍵盤から遠くない位置からの打鍵がわりといい音かなぁって、思うようになってますが・・・なかなか確信は持てないので思考錯誤。みんなで考えましょうw
Posted by たかこ姫 at 2015年04月17日 10:03
たかこ姫さん、こんばんは♪

そうそう、力を素直に音に変えるのって難しいですよね!私も、いつも、余計なことしている気がします。

難しいけど、いろいろ試行錯誤して、
そして、前進しているかというと??(私の場合)
ぐるぐる回っていたりして(^^;

でも、間違っていても、堂々巡りでも、自分で、いろいろ考えて、先生にアドバイスいただいたときに、あ〜、そうだったんだと、理解できるようになるといいなと思っています♪










Posted by Roo at 2015年04月17日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417328736
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック