2015年07月22日

プロコフィエフ 束の間の幻影 1番〜9番 ♪ レッスン

☆9番

2小節目〜 左 半小節で区切らない。4/4 が余り感じられないように。右 小さくても、抑揚をつけて。
5小節目 左 フレーズ感。 右 ミ ミを繋げて。
7小節目〜 一息に。 右 スタカート 左 長く伸びる音とそうでない音の区別。
12小節目 左 タイの音が、ボンと膨らむように。
14小節目 アクセントの音が残るように。
tranquilloにしても、色が薄すぎる。空間の中で、色、音の遠近など、イメージして作っていく。
 
☆1番

全部が淡すぎる。凛とした感じが出るように。
メロディが引っ張っている感じ。
15小節で早くならない。

☆2番

アンダンテ もう少し動いたほうが良い。

☆3番

途中から乗ってくるのではなくて、頭から、スピード感を持って。
メロディのバランスが、最初と最後で違ってきてしまっている。
フレーズの終わりに、影が見えてしまうから、あまり、明るさが出ない。閉じないで。
4小節目 左 楽しそうに降りてくる。

☆4番

5小節目 クレッシェンド、デクレッシェンドの精度を上げて。
9小節目 左 6つの音を繋げて。16小節の最後まで、気持ちを抜かないで。
18小節目〜  左 すべての音を繋げて。
25、6小節目 右 音が飛んでこない。24の指で。
29小節目から 最初は、少し大きく?自信を持って弾く。
 
☆5番

Molto giocoso すごくおどけて!
音量を上げて。すべての音を陽気に上に上げて。アクセントを強調。

手が慣れてこないと表情をつけるのは、難しいので、とりあえず、譜読みだけ進めても良い。




先生に申し訳ないくらい弾けませんが、とりあえず、次回までに、10番まで譜読みしてしまいたい気も。。。
短いけれど、変化に富んで、魅力的な曲ばかり♪1つ1つの曲にしっかり向き合って、楽しんで弾きたいけれど、老化した耳と頭に、なかなか入ってきません(^^;




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック