2015年08月25日

プロコフィエフ 束の間の幻影 1番〜10番 ♪ レッスン

20番まである曲集。何とか、半分まで譜読みしました♪
しばらくは、1〜10番を、少しでも、音楽的に弾けるように練習しようとおもいます。

☆9番
1,2小節目の音量にもっと差をつける。
2小節目から 左を出す。
5小節目 2,4拍目重くならないように。
14小節目 右 ミも出す。
☆10番
もっと原色の、はっきりした。音量も、切り方も。
上がどんなパターンになっても、左は正確に刻む。
24小節目から クレッシェンド 左も。
32小節目 左 ファ が聴こえるように。
☆4番
1小節目から リズムを正確に。
5小節目から pに落とす。上を出す。
9小節目から 手首、腕を使って、鞭のように振り下ろす感じ。
17小節目から 左フォルテ、右ピアノで練習 左、滑らないように。
☆5番
Molto giocoso!!
ピエロが紙の笛をぴゅーっと吹くような音、弾むような強いスタカート、しなるようなレガート。
1小節目 一拍数えてから。
☆6番
Con eleganza!!
レガート
☆1番
痩せすぎず。ペダル後めに。
☆2番
7小節目から 左 右が簡単なところで、軽くならないように。
11小節目 左 出すぎない。
☆3番
右 レガート 合いの手のように弾かない。
6小節目から気持ちよくクレッシェンド。
☆7番
アルペジオが忙しくなるところで、もっと、柔らかく。
☆8番
同じタイミング、同じ色で入らない。もう少し、のんきな感じに聴こえるテンポで。伸びた音を楽しむような。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック