2017年02月01日

「蜜蜂と遠雷」 (恩田陸 著) と ラスコー展

楽しかった〜。あっという間に読んでしまいました。
少女漫画の主人公たちが、私が興味をもって妄想(笑)している世界を、
見せてくれているような感じでした。
彼らが演奏する音楽までも、私の頭の中に鳴り響いていました。
いくつも、心に残ることが書かれていました。
「命の気配、命の予感。これを人は、音楽と呼んできたのではなかろうか。」p.506
「作曲家も、演奏家も、みんなさ。元々音楽はそこらじゅうにあって、それをどこかで聴きとって譜面にしてる。更には、それを演奏する。創りだしたんじゃなく、伝えているだけさ。」p.226
「自然の中から音楽を聞き取って書きとめていたのに、今は誰も自然の中に音楽を聞かなくなって、自分たちの耳の中に閉じ込めているのね。」p.493

昨日、国立科学博物館にラスコー展にを見に行ってきました。
今から20000年も前の太古の時代。
クロマニョン人は、大自然の中、どんな豊かな音、音楽を聴いていたのでしょうか?
あんなに、おおらかで楽しい絵を描ける、描きたいと思うクロマ二ョン人なら、
音にも、感受性豊かだったのではと思いました。
自分で音楽を作ることもあったのかしらと思ったら・・・、
ありました!楽器が!
骨で作った、ホィッスルです。
大自然の中で、どんな音が鳴るんだろう?

posted by Roo at 11:30| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます☀

蜜蜂と遠雷、良かったですよね。
一気に読めて、ピアノの音が頭の中で鳴り響き、小説の中に自分も入り込めました。
素敵な言葉を抜粋されていて、rooさんの感性はやはり音楽的だなと思いました。

1つ前の記事の本、私も借りてみました。
まだ読んでいませんが、こちらも楽しみです♪
Posted by ayayan at 2017年02月02日 09:39
あややん、こんばんは♪
この本、ピアノ友達の間に、とても、人気ありますね(#^^#)
登場人物も素敵だし、文章で、あんなふうに音楽を思い浮かべさせるって、すごいですね〜。
「永遠のピアノ」こちらは、自伝だから、信じられないような話だけれど、本当にあったんですよね。
本の後ろ3分の1くらいからピアノについて書かれていることなど思い起こすと、まだ、じわじわきます。
YouTubeにあったゴルトベルグ変奏曲感動しました。
https://www.youtube.com/watch?v=8xDGdg6r4OQ
Posted by roo at 2017年02月02日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック