2017年02月04日

「羊と鋼の森」 宮下奈都 著

これも、私の周りで、評判の良かった本ですが、やっと読めました。

主人公の戸村くんは、偶然聴いたピアノの音に魅せられて、調律師となった若者です。
不器用で、要領が悪くて、そして、たぶん、調律師としての才能もない。
でも、真正直に、真摯にピアノに向き合って、美しい音を探していきます。

クラスに大抵1人位は、音楽の才能があって、ピアノが上手で、
合唱の伴奏など、特に練習しなくても、さっと出来ちゃう人っていましたよね。
それをすごいな〜と、憧れてみることはあっても、自分はそんなこと、絶対できなかったし、
学校の音楽の時間でやることは、あまり、楽しいとも思わないほうでした。

それが、何かのきっかけで、何かの出会いがあって、なぜか、今、毎日のようにピアノに向かっている。
不思議だなぁと思います。
こんな事していていいのかな、何か意味があるんだろうかと思うこともあります。

この本を読んで、若くて、それを仕事としている人と比べるのも申し訳ないけれど、
私も、才能がなくたって、上手くいかなくたって、
魅せられたものに向かって、努力したっていいんだと、慰められたような気がしました。

小説の主人公に申し訳ないもないけれど(^^;
posted by Roo at 12:58| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
rooさん、おはようございます。

小説の紹介ありがとうございます。
蜜蜂と遠雷や今回の羊と鋼の森、感情移入できるような音楽作品、読んでいてもぞくぞくしますよね。

自分の演奏なり、自分の作品は謙遜して当たり前なんだけど、でも努力は必ず好意ある他人には伝わると思うようになりました。
まだまだだなぁと思う気持ちはすごく大切だし、伸びていく力だと思う、この調律師さんのように求める先があったら、これから先も絶対に形にもなって表れると信じて弾き続けたいと思うし、弾き続けていいとも思う。
こんなことしてて・・・仕事でないからどうしても思いがちだけど、こんなことしている今があるから今の私が存在するんだ、って気がします。
こんなこと…なのに悩みが尽きないし、時間かけたって驚くほどの進歩もないし、いざ本番だって、満足すらいかない。満足そうに見える人も、心の奥で反省している、誰にも終わりのない世界だからこそ、どっぷり浸かっていいんじゃないでしょうか?
といいつつ、やっぱり老化には対応しきれなくなりつつ(笑)
Posted by たかこ姫 at 2017年02月20日 09:07
たかこ姫さん、こんばんは♪
たかこ姫さん、読まれていたので、どうだったかなぁと思っていました。
たかこ姫さんとは、年齢も、ほぼ同じだし、趣味で弾いているピアノに、のめりこんでいるのも同じだし(#^^#)
とても、共感するところがあります。

老化、感じますよね〜〜!でも、最近、諦めて、受け入れつつあります。
どうにかして、綺麗に1曲弾くには、どうすればいいんでしょうね〜?短い曲にする、簡単な曲にする、
長い間練習する、楽譜を置いて弾く・・・等々考えてます。
Posted by roo at 2017年02月20日 22:32
綺麗に1曲弾く!
これはもう理想ですが、ここでいつも考えてしまうんです。
音色もきれいで、表現も豊かで、ミスタッチもなく、
暗譜もしっかりできて止まることもなく。

ここに到達するには、何か違う練習方法があるんではないかと。この微妙な大人の脳の中、何を考えて弾いているのか、家で考えていることと、人前で考えていることはどうも違う。
身近な先生がミスタッチなく演奏会で弾かれるのを見て、、完璧に弾かなきゃダメなんだと、知らないうちに自分にプレッシャーをかけ続けていたここ数年、そんなことできるくらいならプロだろう・・・って思うまで時間がかかった。
だから、そこを追い求めるんでなくて、きれいに1曲弾くというのはどういうことなんだろうって。
弾くことだけが求める目的ではなくなってきていて、
この先どう弾いていきたいのか、もっと具体的に目標を持つ時期なんかなぁと思い始めてます。

とことん、話したいですよねぇ・・・近かったらと、思います。
Posted by たかこ姫 at 2017年02月21日 10:07
たかこ姫さん、おはようございます♪
そうですね〜。簡単そうに見えるものでも、納得いくように弾くのは、
難しいですものね。
どんなにハードルを下げ、どんなに努力しても、
やはり、越えられない一線(笑)があるのは、しょうがないので、
私なりに、弾けていれば、OKということにします(#^^#)
何でもありの私たち、最後は、自分で、方向、目標を決めないといけないんですよね。
いろいろ、お話ししたいですね!こちらにいらっしゃることあったら、是非、お会いしましょう!
Posted by roo at 2017年02月22日 09:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446651584
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック