2014年04月15日

ラフマニノフ ライラック ♪ レッスン

この曲は、ラフマニノフが作った歌曲を、自分で、ピアノソロにアレンジしたものです。
YouTubeに、歌のほうが、あったので聴いてみました。
すると、今まで、私が、旋律だと思っていたのが、ちょっと、違ったのです。
34小節目から右ではなく、左を歌っていました。
それで、左を出すようにしてみました。
少し、すっきりして嬉しい♪


今日は、47小節目から、旋律が、埋もれてしまっている。
49小節目 左のミを出す。
音の流れが、軽やかになって、余裕が出てきた。



2014年04月01日

ラフマニノフ ライラック ♪ レッスン

メロディが出て来てはいるけれど、この流れになんでその音なのという音が出てしまっている。キャラの違う音。

10〜12小節目 10小節目オクターブのミの上の音、ここから始まるとわかる様にはっきり。オクターブ、ピシャンピシャンと弾かないように気をつけて。脇を緩めて。

17小節目 ラドシミド 余りださない。
18小節目 左 ミ 飛び出し過ぎ。
23,4小節目 左 シ〜ミの繋がり。
24,5小節目 右 けんが立ったような弾き方にならないように。
37,8小節目 メロディが小節線がないように聴こえるように。38小節目で、簡単になったからといってテンポ、まき入れないように。
41、2小節目 右 メロディを出してといったが、これで聴こえるでしょっ!!っていうようにがならない(汗)出てきたら消えるような。
力はいらない。緩んで。手首緩めてポンと弾くだけ。
44,5小節目 左のアルペジオを弾く前の右の4つの音、急がないように。柔らかく。
48小節目 右 ファの♭出過ぎ。
57,8小節目 あれ、おわっちゃったの?という感じにならないように、もう少しリタルダンドをかける。

軽やかで、ラフマニノフの重厚感もあるし良い。
全体の雰囲気として、強引とか、パワフルとかいう感じとは違う。とらえどころのない曲。

2014年03月18日

ラフマニノフ ライラック ♪ レッスン

4小節目 旋律ラのところで必ずペダルを変える。
9小節目 右 ラ 一小節伸びている音。
左 前の小節ファミラから引き継ぐように シラミ シが弱過ぎる。ミを丁寧に。ゆっくり目に。
18小節 19小節 左 付点2分音符 ミ〜レ〜が聴こえるように、ペダルは、かえない。
20、21小節目 シラミ ラミが切れないように。
下からのアルペジオのところからペダルをかえる時、音がなにもなくなっている。
真ん中の音だけでも残すなど工夫する。
20小節目 左 ファ 急がない。
22小節目 左のアルペジオを入れるために、右の旋律が、不自然になっている。
不自然にしないためには、その前から、ゆったり伸ばしてくる。
アルペジオのところで突然間をとらない。
それに加えて、アルペジオのところを山に音量膨らませると、自然。
24、25小節目 左 旋律をもっと出す。
33小節目 左 ミレド クレッシェンド。
34,35小節目 ここで閉じない。音量を出して次の小節につなげる。
36小節までは、音量を絞り過ぎない。ここまで一気に。
38小節目 右 引きあげられた旋律が、急に小さくならないように。デクレッシェンドで。
41,42小節 右 シドファミラをだす。特にミラが出ていない。
43小節目 右 ド を出す。左のアルペジオを優先させない。旋律のために早めに入る。
一小節響くド。ペダルは切らない。

44、45小節目 シドファミラを出す。 

49小節目 左 ミ を出す。 
53小節目 左 ミ を出す。
56小節目 ふぅ〜っと膨らんで、rit. e dim.

2014年03月04日

ラフマニノフ ライラック ♪ レッスン

特に後半、飾りの部分と、メロディで聴かせたい部分が、もうちょっとはっきり出てこないと、ぼやけた感じに聴こえてしまう。
ラフマニノフは、急にテンポ、音量が変わるので、奇をてらったようにならないように。

1,2小節目 ミの音が立ち過ぎ。平らになめらかに。
3,4小節目 ファからミ、ミからラに行く時、無感動、能天気な感じになってしまっている(笑)。もっと、含みがあるように。
9小節目 メロディのラ 鳴りにくかったら、親指でとっても良い。
10小節目から 右オクターブが一番綺麗に響かなくてはいけない。3連の最後の音が出過ぎ。左もクレッシェンドを助ける。でも、頑張り過ぎないで。
12小節目 最後のオクターブ 内声のソが出てしまっている。シを響かせて。
13小節目 右 ドは、前小節からのドシドのドなので閉じる。左は出す。
17,18,19小節 どこを出しているのかはっきりと。
24小節目 右が賑やかすぎる。
26小節目から 右 最初と同じように、平らに。
32小節目 左 ドは、ミに行くので、抜けないように。
37小節目 数え方が間違っている。
48,49小節目 メロディ ラミ 変に伸びている。自然に。16分音符をコントロール、整理。
56,57,58小節目 音のふくらみ ぎゅーっと堅くなる感じではなく、音だけがふっと広がる感じ。身体に力が入っている。
ここに来ると音が多いせいか、3拍子を感じられていない。左 のりを感じて。メトロノームをかけて練習。

2014年01月18日

ラフマニノフ ライラック ♪ レッスン(12月19日)

1小節目から 右 3連 上がり下がりを出さないように、全部繋がっているように。
ソフトペダル 6小節くらいから だんだん外していって、9小節目くらいには、外れているように。

10小節目から 右のオクターブを一番出す。
13小節目 左 メロディがミから聴こえてくるように。前の小節から少し間を置く。ペダルをクリアにする。
20小節目の左 ラミ 21小節目の 左 ミシソ を不自然じゃないようにとるためには、その前を少しゆっくりする。
27小節から28小節に行く時、余りきっちり3から4と数えなくてもいいので、止まらないように。
28小節目から29小節も止まらないで。29小節に入る時に急激に速くしない。
30小節目 ミを長く。レはまだ音量がある。
31小節目 ペダル踏み替えなくてもよい。
posted by Roo at 16:28 | TrackBack(0) | ラフマニノフ ライラック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

ラフマニノフ ライラック ♪ レッスン

さっとみたところ、6曲の中で、私にとっては、この曲が一番難しく感じる。
難しいけれど、この旋律を浮き立たたせてとかいう練習は、結構好き♪


9小節目 もっと旋律を出す。

ファミとラを分けて歌わない。
10小節目 旋律の始まりのミ、強く出過ぎない。
12小節目 左 レソレ で ディミヌエンド。レで深く入る。最初は、ゴンと出過ぎ位にしておく。
20,21小節目 旋律 シラミ ラとミが繋がらない。
旋律が、出てきては消えるので、しっかり弾かないと、聴いている人は、わからない。