2008年10月26日

ジョイフル・コンサート♪

昨日は、教室の発表会♪

皆さんの個性が光る演奏!素敵でした〜。聴かせていただいていて、ほんと、楽しかった。

その上、コンサートのリハーサルも兼ねてということで、
先生の演奏も、聴かせていただくことが出来、感激でした。
いつも、舞台上での先生の演奏は、聴かせて頂いていますが、
こんな近くから、いつも、私たちが弾いているピアノで、聴かせて頂けるなんてぴかぴか(新しい)

いつも、私が弾いているピアノから、こんな音が出るというのを聴かせて頂くのは、
すごく嬉しい。CDなどで、プロの方の演奏を聴いたりはしますが、
想像力のない私には、実際、このピアノでは、どんな音なんだろう?っていうのは、よくわからないんです。
迫力があって、かっこよかった〜るんるん


サテ、私の演奏ですが。。。

指が、鍵盤を上滑りしてる感じで、音抜けは多いし、一番盛り上がるところで、何回も弾きなおしたりたらーっ(汗)
何で、こんなに練習してるのに、一曲、止まらずに弾く事もできないんだろう?

って、ちょっと、悔しいですが、でも、なぜか、楽しかったんです。

最近、うまく弾けなくても、人前で弾くのが楽しい。
うまく弾けないのに、慣れちゃってるパンチのもあるのかな?

いつも、ひとりで弾いているから、人に聴いてもらえるっていうのが、すごく嬉しいんですよね〜。

お忙しい中、聴きに来てくださったあややんさん、けいこさん、ありがとうございました黒ハート
とっても、励まされました。

また、来年、5月と秋にあるらしい。何弾こうかな〜。




2008年10月22日

レッスン@

発表会前は、気持ちに余裕がない。
他の曲を弾きたくない。

でも、先生は、発表会が間近にあっても、他の曲も弾く事を勧められます。

そのお蔭で、気が紛れるし、新しい譜読みも出来る気がする。
ショパンプレリュードは、練習方法も教えていただいて、弾けなくても、みていただいてよかったですわーい(嬉しい顔)


ラフマニノフの前奏曲、「今日は、止まらずに弾けるまで、弾きたいです。」
といって弾き始めました。

かなり間違えたけど、何とか、止まらなかった。
先生の前で、初めて(*^_^*)

ちょっと、情けないかもしれないけれど、止まらないで弾くというのが、人前で弾く時、私の一番の課題。


pのときに、音が、かすれる。こういうタッチで弾いていると、大きなホールでは、もやっとした演奏にしか聴こえない。
もう少し、指に力を入れて、ハンマーが、弦をたたいているのを意識して弾く。

2008年10月18日

昨日の練習



(自分の記録の為に、変わり映えのしない演奏を、何回も、UPしてます猫


いったいどんな練習をしているのか?
昨日は、ちょっと、メモをつけたりして、意識的にやってみました。

ショパンプレリュード19番  21~32小節 譜読みというのかな?譜を見ながら、弾けるようになるように                                                                                               
                             練習。通して1回。 45分

ラフマニノフプレリュード   覚えなおし。通して1回(録音)。20分。
                  録音聴いて変だったところを中心に練習。10分。
                  通してまた1回(録音 UPしたものです。)。5分。

ベーソナ18番        最後の10小節練習。10分。

ショパンプレリュード19番 通して30分練習。

ラフマニノフプレリュード  部分練習しながら30分。

今回は、これでも、いつもと違って、かなり、何を練習しようか考えながら練習しました。
少しは、緊張感あって、よかったです(笑)

それにしても、こんなに、ショパンプレリュード19番、練習していても、
全然弾けるようにならない。
とても、21日のレッスンに、先生に聴いていただける様な感じじゃないんですけど〜(涙)
何で、頭に入ってこないんだろう?

頭が、どんどん、バカになっていく気がする(笑)

皆さん、新しい曲は、どうやって、頭に入れているんでしょう?


ラフマニノフのプレリュードの録音 

最初のところ、左手、うるさいですね?
2ページ目の難しいところの、上の音もうるさい。

ラフマニノフっぽい、あくの強さというか(ほんと?)は、出てきたような?

でも、この曲って、もっと、pが素敵な曲だと思うんですよね。(じゃー、そう弾けって?あせあせ(飛び散る汗)

それに、こうやって聴くと、単調に、タタタタと弾かれているところも、気になる。
自分では、そんな風に弾いてるつもりはないのに。もっと、曲の流れを感じて、伸び縮みしても大丈夫なのかも?

         

2008年10月07日

レッスン @

今日は、ラフマニノフ プレリュード Op.23-4、ベーソナ18番、ショパンプレリュード18番をみていただきました。


まず、最初に、ラフマニノフのプレリュード。


途中、3箇所くらいわからなくなってしまい、
1箇所は、どうしても、思い出せず、先生に、音名を言っていただくもうやだ〜(悲しい顔)

  • 全体的に、ペダルが、うまく踏みかえられていない。
    特に最初の1ページ、左手ではなく、メロディに合わせて、踏みかえる。
    そして、踏み変えたのが、わからないように!
 
  • 53小節目からは、いつも、注意されるが、真ん中の3連符が、急ぎすぎ。
    上下に揺さぶられる事なく、もっと、ゆったりと。


など、いくつか注意は、ありましたが、

先生、発表会前モードかわいい(余り、落ち込ませない)なのか(笑)、
もう、いつでも、発表会に出れますねるんるんと言ってくださいました。


こんなに、ぼろぼろでいいんでしょうかあせあせ(飛び散る汗)





「暗譜で弾こうと・・・思ってます??」と聞かれた時は、

思わず、

「ごめんなさいあせあせ(飛び散る汗)身の程知らずでした。みて弾きます!」

と言いそうに^^;

でも、暖か〜く聴いて下さる優しい皆さんの前だし、どうなってもいいから、暗譜で弾いてみようかな。

最近、頓に、老眼で見えなくなってるので、普段見てない楽譜を置いたりしたら、
返って、パニックになりそうだし。

確実に、3,4回は、止まると思いますが。。。

せめて、そのくらいには、収まりますように。  神様!!お願いっぴかぴか(新しい)

2008年09月27日

ほんとにお耳汚しですが〜



先生が、早速、昨日の録音を、送ってくださったので、UPしますあせあせ(飛び散る汗)

レッスンの最初に、通したものです。

とても、高音質でとっていただいたのですが、
こちらにUPするのにサイズが大きすぎてmp3にしたので、音質は、落ちてしまいました。
最近のレコーダーって、すごいですね。

私の演奏は、ひどいですが、ピアノそのものの音には、うっとりします。


ほんとに、ぼろぼろですが、興味がおありな方は、どうぞ、お聴きくださいませ。
気分悪くなっても、おこらないでね黒ハート
嫌いにならないでね(笑)
いつも取り繕いまくっている演奏をUPしているので、たまには、反省の意味も込めてですわーい(嬉しい顔)



あ〜、ほんとに、発表会が思いやられます。
あと1ヶ月、どうやって練習していこう?

響きのレッスン

昨日、フィリアホールのリハーサル室で、特別レッスンがありました。

リハーサル室といっても、いつも、そこで、発表会をしているところなので、
広さもあるし、音響も良いところだと思います。

先生が、そこで、一般のお家のお教室や、蓋を閉じたピアノでは、なかなか感じられない響きを聴きながら、脱力や、音色などに、焦点を当てたレッスンをされたのです。

ラフマニノフ プレリュード Op.23−4をみていただくことにしたんですが、
30分という短い時間なので、前もって、特にどこをみて貰いたいのか考えてきてということだったので、
レッスンの前に、次の気になるところをお願いしておきました。


@1〜2小節目 ppとなっていますが、実際、どの程度の音量を出せばいいのか、よくわからない。(また、広い場所では、変わってくるのかどうか?)


A3小節目〜 右 mf、暖かい、太い音で歌うには、どのくらいの大きさで、弾いていいのかよくわからない。硬い音になっていないか? 左とのバランスはいいか?


B32小節目、51小節目 脱力して、充分なボリュームが出ているか?


C19小節目〜、75小節目の和音など、 弾いていて、苦しい感じがするときがありますが、脱力出来ているでしょうか?


D19小節目〜、特に一番上の声部が他の声部につられて、うまく歌えず、優しくて小さい音で弾きたくても、どうしても大きくなってしまう気がしますが、どうでしょうか?


やはり、広い場所で綺麗に響くピアノの音って、素晴らしいですね〜。
そんな環境で、レッスンを受けられるのって、何て贅沢な事なんでしょう。

いつも以上に、先生のおっしゃる事も、具体的にわかったような気がしました。

@最初の音は、ppでも、深い音を出す。
特に、こういう大きなピアノでは、音が大きくなりすぎるので、ソフトペダルを使ってみてはどうか?
最初、ソフトペダルを、一杯に踏んで、右が入ってくるまでに、徐々に離すようにする。

Aカンタービレなので、もっと歌って。
かなり力強い曲に感じて、弾いているので、
(せめて?)特に、最初の方は、もっと、優しい感じで歌った方がいい。
先生が、出してくださったのは、本当に、ふわりとした出し方、音で、
あぁ、こういう音なのか〜と、わかった気になりました(忘れないといいけれど。。。)

旋律を、太く歌いたいと思うあまり、力が入りすぎていたと思います。

CD19小節目〜

クレッシェンドが、かなり強引についている。力で持っていっている感じ。
姿勢を起こして、目の位置を譜面台の上あたりに持ってくると、音が変わってくるとアドバイスを受けました。ここも、もう少し長く、pを保っていた方がいいようです。


全体的に、fは、スカッと力の抜けた音が出ているし、音量も、出ているけれど、
pに問題がある。貧弱になり過ぎない、音抜けをしない、少し圧力を掛けた音(特に大切な和音)を出せるように!

でも、久しぶりに先生の前で聴いていただいて、
前もってお願いしていた気になっていた点より、
発表会を1ヵ月後に控えて、ちょっと、落ち込んでしまったところがあったんです。

ミスも多いし、わからなくなって止まったりしてばかりで、とぎれとぎれにしか弾けなかったんですたらーっ(汗)
とても曲としてきけないくらいもうやだ〜(悲しい顔)。。。緊張してるから弾けないのかな?

先生も、わぁ〜、ダメだ〜弾けない〜と思うと、余計に弾けなくなります。
その恐怖を乗り越える事も、課題ですねと、おっしゃいました。

ちょっと、緊張するところ、違うピアノ、などで弾くと、
ダメなところが、全部出ますあせあせ(飛び散る汗)

弾いているうちに、次の音が不安になって、わぁ〜ど〜しよ〜って思っているうちに、頭が真っ白になって、出てこなくなっちゃうんです。

緊張していても、弾ける時もあるんですけど、
この曲は、そこまで、全然、行ってないって事でしょうか?

でも、まぁ、あと、1ヶ月あるから、何とかなるかな?なってほしい!(楽天的?)わーい(嬉しい顔)

2008年07月03日

レッスン(ラフマニノフプレリュードOp.23−4)

昨日、何回も録音したのが、功を奏したのか?何とか、先生の前で、暗譜で、最後まで弾けました。
うれしぃ〜揺れるハートやっと音が脳みその中に少し入ってきた感じ手(チョキ)
でも、止まらずってのは、まだですバッド(下向き矢印)

発表会まで、まだ、間があるので、次は、ベートーベンのソナタの18番をやることにしました。
斬新な、快活な感じで楽しそうぴかぴか(新しい)リズムとか難しそうだけど。。。トライしてみます。

2008年07月02日

ラフマニノフ プレリュード Op.23−4 練習録音



この曲、10月の教室の発表会で、弾く予定にしているんですけど、それを後悔してしまうほど難しいふらふら
これでも、慣れた自分のピアノで、何回も何回も取り直してるので、先生や、生演奏を聴いてくださったことのある人が、きっと吃驚するほど、いつもよりは、よく弾けているんですが。。。止まらないで弾いているのは、間違いなく、先生、吃驚されると思うあせあせ(飛び散る汗)