2009年11月02日

ドビュッシー「喜びの島」




2008.2.16 フィリアホールでの演奏 
posted by Roo at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 喜びの島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

プラス思考で♪

喜びの島

弾けてないのに、突っ走っちゃったかな?
と思いましたが、


「今日は、絶好調ですね。最初のトリルからして、違いましたよ。」

って。ほんとですか〜わーい(嬉しい顔)

「これからも、波はあるかもしれないけれど、弾けないと思わず、
ここまで弾けたということを自信にして、本番までいってくださいね♪」

プラス思考でいきますね!


 

posted by Roo at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 喜びの島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

ボケボケ その2

喜びの島



(レッスンでの録音です。)

先生にお渡しせず、楽譜をかばんに入れたまま、弾き始めてしまいました。


「たまには、こうやって聴くのも、細かい事が気にならなくていいですね。」
って、先生ったら〜(笑)ごめんなさい。


「リズムが変だったり、や、不用意な音、などなど、あったけれど、どこって思いだすほどじゃないです。
こちらの方が、楽しんで、不安なく弾けている気がします。
プレリュードも、そうなれるといいですね。」

posted by Roo at 15:36| Comment(6) | TrackBack(0) | 喜びの島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

感じが変わる

ドビュッシー 喜びの島

「また、感じかかわってますね〜あせあせ(飛び散る汗)
私は、よく、感じが変わりましたねと言わるんですよね。

自分では、試行錯誤して、工夫して練習しているつもりなので、
変わってはいるようなんですが、
それが、いい方向に出ることは、なかなか無いみたいです〜ふらふら

ソフトペダルをずっと踏んでいるように全体的に大人しく、メリハリがないようです。
特に、左手のリズミカルなリズム、右手のキラキラした感じなどを、もっとはっきりした音色で。
出さなくてはいけない音は、脱力してもっと出す。

中間部の右手和音で進んでいくところ、長い音のテヌートを、
実際は、手が離れてしまっても、イメージし続けるようにとアドバイスを受けて弾いてみると、
自分で聴いていても、優雅な感じに変わった気がした。

 
posted by Roo at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 喜びの島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

へこんでる暇なんてない

今月は、先生のコンサートの練習の関係で、金曜日のレッスンです。


今日は、喜びの島と、ショパンプレリュード発表会セット(笑)(1,11,12,13,16)をみていただきました。


どれもこれも、相変わらず、ミスばっかりで、レッスンが終わると、どっと疲れる。
でも、悪い方向には、いっていないよう な?

先生の前で弾きながら、聴いていると、ミスの嵐のように感じて、
続けて弾く気が失せて、止まってしまいたくなる。

まぁ、よく考えてみたら、私にとっては、超チャレンジングな曲を弾くんだから、
人前で弾いて、ミスの嵐は、当たり前なんだろうな。

まず、止まらずに弾けて、その曲らしい何かが、少しでも、出ていれば、
上、上、上出来。

どんなに間違っても、そこで、へこむことはないし、曲はどんどん流れているんだから、へこんでる暇なんてないですよね。
諦めないで、最後まで、気持ちを入れて、弾ききるのをめざそう。



喜びの島、崩れきっていたのが、戻りつつあるけれど、まだ、細かい音がきれいに弾けてないところがあったり、リズムが崩れてきていたり、やはり、いつも、注意されるところが、なおりきっていない。

前半、先生がおっしゃったように、リズムに注意して弾いたら、波に浮かんで揺れているような、ゆったりした、優雅な感じがイメージできた。

posted by Roo at 14:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 喜びの島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

よくなったところをみせる〜!?

喜びの島を久しぶりにみていただきました。

朝一に、先生の前で弾く喜びの島は、なんだか、夢の中で、階段を一段飛ばしに転げ落ちるような感じでした(笑)
暗譜も、不確かで、迷子になるし、はずしまくり、音抜けだらけで、すっ飛ばしたぁあ〜〜。



「ドビュッシーは、弾きこんでくると怖いのは、細かな音が多いので、ぼやけてくるところですね。細かい音のタッチが上滑り。出したい音が出せていない。
リズムもあいまいです。」


「細やかな表現も、前の方が出来ていたような気がします。」


「何回か、人前で弾くなら、弾きこんで、雑になったなぁと思われるのではなく、よくなったところをみせられるといいですね。」




自分の中では、(イメージだけでは)、前と変わった部分もあって、
前より、スピード感がある感じなんです。ジェットコースターで最後に向けて転がっていくような。でも、悪い意味で、転がっちゃったみたいです〜。


ほんとに弾けてないので、不安ですが、でも、見ていただいてよかった。
やはり、自分一人で弾いていると、ここまで弾けてないのが、わからないです。

 
posted by Roo at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 喜びの島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする