2009年07月16日

トリルを音楽的に弾くには

バーバー パ・ド・ドゥ

「トリルを、音楽的に弾くには、最初、ゆっくり始める。
バロックのように、たくさん入れようと思わなくていい。」

「お互いに相手のパートを弾くことで(一人で両方弾けるところは両方弾いてみる)、タイミングをつかめる。」

「特に音程が近い時は、セカンドと違う音色を出さないと区別がつかない。」

posted by Roo at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | バーバー 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

ヘジテイション・タンゴ

パ・ド・ドゥの方が、簡単かと思ったら、意外と、難しいな〜。
音が少ないから間違えると目立つし、単調になってしまう。


・・・著作権のことうっかりしてました。ごめんなさい!(6/29)
posted by Roo at 22:56| Comment(8) | TrackBack(0) | バーバー 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

聴いている人の身になって

バーバーの思い出から パ・ド・ドゥと、ヘジテイション・タンゴ。
先生に、セカンドを弾いていただくなんて、贅沢。


パ・ド・ドゥは、気持ち良くても、ゆっくりしすぎないこと。
聴いている人の身になって。


ヘジテイション・タンゴ 一人で弾いていると大丈夫でも、セカンドが入ると、数え方を間違えてしまう時がある。今のうちに、しっかり、身につけておかないと、合わせた時、大変そう。

posted by Roo at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | バーバー 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする