2011年05月29日

ジョイフルコンサート♪

昨日は、ジョイフルコンサートでした。
ここのところ、あまり、ピアノに向かえず、前日に、あせって練習しても、間違えてばかり。

当日、リハーサルで弾くと、とても弾きやすいピアノなのに、一小節ごとに、止まるような状態あせあせ(飛び散る汗)

わぁ〜、どうしちゃったんだろう?

不安な気持ちも、皆さんのすばらしい演奏を聴かせていただくうちに、
半ば開き直りに変わり、お友達からの暖かいメールで勇気付けられ、
うまくいかないだろうけど、楽しんでこようという気持ちになりました。


本番は、ペダルが外れたり、音を間違えたり、抜けたり、いろいろありましたが、
何とか、止まらずに最後のページのところまで弾いていました。

ん?もしかして、最後まで、いけるんじゃ??

・・・と思ったとたん、

やっちゃいました〜(涙)
間違えて止まり、弾きなおし。

ここのところ、止まらずに人前で弾けることが、なくなっているので、かなしぃ〜もうやだ〜(悲しい顔)
ちょっと、自信喪失です。

でもね、発表会の打ち上げで、いやみじゃなく、
止まっちゃうところが、Rooさんのいいところなんですよ(笑)って、いってくださる方もいらして、ちょっと、慰められました。
皆さん、私のいいところを見てくださるんです。

今回、ホールで弾くということは、すごく楽しめました。手が震えるくらい緊張したけれど、それでも楽しかったです。
いつも、自宅と違うピアノで弾くということには、すごく抵抗があって、いくらいいピアノでも、いやだったんです。
でも、先生が、こういう機会をたくさん作ってくださることで、
だんだん、違うピアノ、違う場所で弾くことが楽しみになってきました。
ほかの方の演奏を聴かせていただきながら、あのピアノで、自分の曲を弾いたら、どんな風に、響くんだろう、
どうやって弾こう(そんな風には弾けないですが)と想像するのは、楽しい。
当たり前だけど、うちの居間でヘッドホンで弾いているピアノとは、大違い。
うまくなったら、大きな空間に、自由に音楽を作れるんでしょうね。
止まらずに弾くことさえ出来ない私が言うのは、おかしいかもしれないですが、
アコースティックピアノって、本当に、奥が深いというか、際限がないですね。

一曲のまとまりを考えた演奏、出すところは、音をもっと出してメリハリのある演奏が出来ればいいかなと思っていましたが、
録音を聴いていないのでわからないですが、自分としては、少しは、それは、出来た気がしました。

あおばピアノの皆さんは、ますます、レベルアップされて、本当にいい刺激をいただきました。
素敵な機会を与えてくださる先生、皆さんに、感謝です。

 

2011年05月19日

レッスンの録音♪その2



発表会前、最後のレッスンでした。
また、2回弾いて、2回とも止まらなかったわーい(嬉しい顔)
私にしては、奇跡的。

本番も、奇跡が起きますように♪

今日は、子供の領分の人形のセレナーデもみて頂きました。
子供の領分の中でも、大好きな曲。以前も、違う先生に教えていただいたことがあるのですが、また弾けるのは、嬉しいです。

2011年05月12日

レッスンの録音♪ ショパン ノクターン17番



昨日のレッスンで、先生が録音してくださいました。

レッスンで、2回弾いて、2回とも止まらなかったのは、嬉しい!
なかなか、そんなこと、ないんですよ、私。
録音を聴くと、自分が弾いていると思っているより、平坦な感じ。
もっと、表現できると良いな。


2011年04月11日

ショパン ノクターン17番 練習録音




いつもいつも感じていることだけど、こうやって録音したのを聴けば、
きつく硬い音、変な歌い方に気がつく。でも、弾いているときは、わからないあせあせ(飛び散る汗)

すごくいい曲なのに、弾いてみると、(そして、録音すると)なんだか変な感じ。

最近は、通して録音しては、直してみるという練習。

これは、通せたけど、いつも暗譜も不確かなので、片手練習もしなくてはね〜。
ジョイフルめざして、片手練習がんばろう。

2011年02月05日

レッスン♪

主人が、椎間板ヘルニアの手術をすることになってしまい、
あまり、ピアノの練習も出来ないまま、木曜日に、レッスンに行ってまいりました。

☆ノクターン17番

家では、音を探しながら、楽譜を見ないで、弾くことは、出来る様になったけれど、
そんな練習をしているものだから、レッスンでも、弾き直しばかり。

声部ごとに歌い方を変えると、もっと、繊細に弾けるようになる。
先生に、指摘されると、私が、声部ごとに聴けていないのが、よくわかる。
当たり前だけれど、先生が、聴かれている音楽と、私の耳に聴こえてくる音楽って、ぜんぜん違うんだろうな~。
一度で良いから、先生みたいによくわかる耳で、聴いてみたい!

☆プレリュード23番

右手、高い音→音量大きく 低い音→音量小さく とは、限らない。
毎回同じだと、しつこい感じ。たまには、変えて。 

指使い 拍で、区切れるような指使いだと、拍が強く出すぎてしまう。


次回は、レッスン、お休みにしていただきました。
時間のあるときにレッスンしてくださるとおっしゃったので、申し訳なかったんですが、
なんとなく、ピアノに集中できない。
別に忙しいわけじゃないんですが。
いろいろ気にかかることもあったりして。

来月から、がんばろう。

2011年01月20日

レッスン♪ショパン ノクターン17番

今日は、レッスンで、ショパンのノクターンとプレリュードをみていただきました。


☆ショパン ノクターン17番

場面場面で、どんな音で弾くのか、どの声部を出すのかを考えて、曲の流れにメリハリをつける。
それには、もっと音を出して。特にフォルテでは、男性的な迫力のある音。

トリルでは、メロディが浮き出るように。しかも、ごつごつしないように。

同じ音量でも、閉じていく音、上に上がっていく音(始まる音)がある。

譜めくりする場所が、ちょうど、静かな聴かせどころなので、出来るなら暗譜で。

次回まで、暗譜頑張ろう。

2011年01月07日

ショパン ノクターン17番♪レッスン

この曲は、舟歌の後に作曲された、失意と孤独の中で書かれた曲だそうです。

弾いていても、諦めや、悲しいくらい郷愁を感じる。
ショパンが子供のころ見ていたポーランドの暖かい暖炉の炎、荒涼とした草原、澄んだ星空が思い浮かぶようです。

そんな感じが聴いている人に伝わるように弾けたら嬉しいですが。。。

先生は、舟歌の時のように、若すぎる感じ、これから、希望に燃えて、さぁ行こうという感じの曲ではないですよ、
中間部や、最後の部分で、どれだけ雰囲気を変えて、どう弾くのか考えるようにおっしゃいました。

あはは、感じている音楽とは、ほど遠いようですね(^_^;)


はかない感じを出しながら、先生によく注意される、かすれない音を出す、中間の声部をもっと出してというのも難しい。
先生がおっしゃる「音量じゃなくて、ニュアンスの問題」というのが、カギかな?

トリルのところは、今からそのくらいできていたら十分と言っていただけました。
トリルが心配だったので、嬉しい♪

2010年12月17日

5月のジョイフル、曲決定♪

昨日、レッスンでした。

ショパンのノクターン17番を持って行きましたが、先生にも気にいっていただけて、
5月のジョイフルは、これに決定しました。

ショパン続きですが、前から、いい曲だとあこがれていたこと、
静かな中にも、起伏がしっかりあること、
長さや難易度がちょうどいいことが決め手になりました。

簡単な曲ではないけれど、舟歌を弾いた後では、めちゃめちゃ難しくもない。
今、他にも練習したい曲がたくさんあるので、あまり負担になる曲は、避けたいんです。

先生とも振り返りましたが、今年一年、皆さんのおかげで、楽しくピアノ生活を送ることができました♪
展覧会の絵コンサートや、ステップ、サロンコンサート、夏のオフ会、お友達との練習会、ジョイフルコンサートなどで、
テュイルリーの庭、バーバヤーガ、ラフマニノフの前奏曲Op.23-2、ショパンの舟歌を
拙い演奏でしたが聴いていただけました。

来年は、ショパンのノクターン17番、プレリュード全曲、舟歌の復習、それに連弾なども練習したいです。。。私には大きすぎる夢のような計画かもしれませんが。。。
是非、実現したいです!!