2016年12月18日

西洋館ふわふわ音楽会 ♪ モーツアルトソナタ4番 & 平均律4番プレリュード 

昨日、市川西洋館で、ピアノを弾かせていただきました。
私は、モーツアルトソナタ4番と、平均律4番プレリュードを弾かせていただきました。
温かな雰囲気の中、素敵なピアノの響きに包まれながら、楽しい時間は、あっという間に過ぎていきました。皆さんの愛情のこもった演奏は、本当に素晴らしかったです
この日のために、(前回の反省から)聴いて下さる人の事を考え、とにかく、気持ちの良い演奏を心掛けようと思いました。
暗譜をし、楽譜もおき、なるべく間違えないように。
音は、押し付けたような音ではない、解放された綺麗な音、艶のある音、な〜んて出せないですが。。。出せないながらも、それを一番に考えて練習していました。
でも、練習しているうちに、どうしたらよいかわからなくて、かえって、神経質で、硬い音色、硬い音楽になってしまったような気がするんですよね〜。
最後は、やはり、この曲の良さを感じながら、楽しんで弾こう、楽しむのが一番と思って、弾かせていただきました。
弾きながら、綺麗だなとか、楽しいなと思えたところがあったので、嬉しかったです。
もちろん、綺麗な音を出したいという気持ちは、変わらないですが、曲に対する愛情があっての綺麗な音なのだなと思いました。
posted by Roo at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | モーツアルトソナタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

「ピアノ協奏曲の夕べ」

「ピアノ協奏曲の夕べ」に、しおりさんが出演されるというので、府中の森芸術劇場に行ってきました。
所沢のアークホールもそうでしたが、こちらも、パイプオルガンのある素敵なホール。
3つの協奏曲を、1楽章ごと、違う方が演奏するというコンサートでした。
それぞれの演奏者の個性を楽しめるし、オーケストラもとても良かったです。
9人のソリストさんの思いがこちらに伝わってきて、胸が一杯になりました

しおりさんは、グリーグの協奏曲の2楽章を弾かれました。
颯爽と舞台に出ていらしたときから、既に、素敵な世界へ連れて行ってくれそうなオーラがありました
落ち着いた音で、演奏が始まると引き込まれていきました。
もっと、聴いていたかったです!
本当に、美しかったです
いつも、ピアノ曲ばかり聴いている私ですが、協奏曲、オーケストラの素晴らしさも、感じさせてくれたコンサートでした。

プログラム
・モーツァルト:ピアノ協奏曲 K.488
  
・ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 No.4 Op.58
  
・グリーグ:ピアノ協奏曲 Op.16
  
posted by Roo at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

モーツアルトソナタ第4番 練習動画

今月半ばに、お友達の前でモーツアルトソナタ第4番第1楽章を弾かせていただくので、練習しています。
2楽章、3楽章も撮ってみました。
まず、だらしのない服に、目が行ってしまう(^^;
きちんと身支度、大切ですね(笑)

私、今まで、あまり、モーツアルト弾きたいと思わなかったのですが、
軽やかに、綺麗な音でモーツアルト弾けるようになりたいと思う、今日この頃です。





posted by Roo at 22:15| Comment(3) | TrackBack(0) | モーツアルトソナタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

レイフ・オヴェ・アンスネス

レイフ・オヴェ・アンスネスのコンサートに所沢のミューズ アークホールに行ってきました。

アンスネスも初めてだし、所沢に行くのも、たぶん初めて。
広々とした駅前の道に面して、航空公園の飛行機(本物?)や、公の施設が並んでいます。
アークホールも、大、中、小のホールを持つ、大きな施設でした。

曲目

シューベルト:3つの小品(即興曲)D946
シベリウス:即興曲 第5番 Op.5-5
シベリウス:3つのソナチネ 第1番 Op.67-1
シベリウス:2つのロンディーノ 第2番 Op.68-2
シベリウス:ロマンス Op.24-9
ドビュッシー:『版画』 「塔」「グラナダの夕べ」「雨の庭」
ショパン:バラード 第2番
ショパン:夜想曲 第4番
ショパン:バラード第4番

♪アンコール♪

ショパン:ポロネーズ第6番「英雄」
シベリウス:悲しきワルツ

端正な綺麗な音で、どれも、自然な流れが気持ちよかったです
特に、シベリウスとショパンが良かったな〜♪

やはり、自分で弾いたことのある曲は、どんなにすごいのかというのが、よくわかる。
バラ2、全く、難しいということを感じさせず、最後に向かって、盛り上げられていて、感動。
いい曲だなぁもう一度、練習しなおして弾いてみたいと思いました。

私は、すぐ帰ったのですが、コンサート後サインをされている横顔を、建物のガラス越しに拝見できました。
とても、爽やかな笑顔で、一人一人に対応されていました。



posted by Roo at 10:43| Comment(2) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

第4回 ピアノデュオの午後

今日は、あややんとサンドさんの連弾を聴かせていただいてきました
曲目は、ドヴォルザークの伝説 Op.59 より第1,2,3,10番です。
かなり緩急のある曲なのに、お二人のピッタリ合った呼吸が、こちらにも感じられて、
情熱的に、愛情一杯で、暖かな音楽が伝わってきました
本当に素晴らしかったです!!
お二人の動きと共に、会場の空気も、潤いのあるものに変わってくるような気がしました。
今日は、かなり、刺激をいただいて、私も、頑張りたいという気持ちになりました。
あややん、サンドさん、ありがとう!

posted by Roo at 23:18| Comment(3) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

ピアノ友達♪

昨日、大切なピアノ友達が、家に遊びにいらしてくださいました。

久し振りに、おしゃべりして、素敵な演奏を聴かせていただけて、楽しかった!

バッハや、ショパンのノクターン、エチュードの数々・・・、私のピアノも、喜んでいたと思います。

ピアノの先生をされているお友達が、弾かれながら、ご自分の練習方法、練習しながら気が付いたこと、
注意したほうが良いことなど、さりげなく教えて下さり、
もう、ずぅ〜っと聴いていたい感じでした。

私は、最近、楽譜も見ずに弾けるところまで弾いて、はい、終わりっ みたいな練習しかしていなくて、
まぁ、とても、お聴かせ出来る感じではなかったのですが、
弾いてしまいました(汗)
その時は、甘えもあって、それなりに楽しかったのですが、
お友達が帰られてから、申し訳なかったな〜と反省してしまいました。

自分自身も、満足感がない。

私は、何で、ピアノを練習しているのかなと考えたら、
素敵だなと自分が感じたところを、少しでも伝わるような演奏を、
したいからだと思ったんです。

最近は、老化を言い訳にして、出来ることもやっていなかったような気がします。
折角、こんなに素敵なピアノ友達たちに恵まれているのだから、
そして、そのお友達に、こうやって、演奏を聴いていただける機会もあるのだから、
もう少し努力しないと申し訳無いと、反省したのでした。
posted by Roo at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

熊本地震 チャリティコンサート Chihiro Arai 名曲の綴り&プチ公開レッスン 

*プログラム*

ー第1部ー

・バッハ「インヴェンション第1番」BWV772
・モーツァルト「きらきら星変奏曲」K.265
・ベートーヴェン「月光ソナタ」Op.27-2
・ドビュッシー「喜びの島」

ープチ公開レッスンー

・メリカント「ワルツレント」

ー第2部ー

・シベリウス「悲しきワルツ」Op.44-1
・シューマン「アベッグ変奏曲」Op.1
・ショパン「ノクターン第2番」Op.9-2
・ショパン「幻想即興曲」Op.66
・ショパン「英雄ポロネーズ」Op.53

アンコール

・ショパン 別れの曲
・ラヴェル 水の戯れ

どの曲も、一度は、弾いてみたいと思うような名曲ぞろい!
楽しいコンサートでした

香港、日本でピアノを教えていらっしゃるペンネさん(荒井千裕さん)。
私が、ピアノ友達と呼んでしまうのも憚られるほど、大活躍されているピアニストさんです。

昔から、ペンネさんのピアノは、聴かせていただいています。
でも、今回、聴かせていただいて、その変化に、びっくりしました。

思わず、コンサート後にご一緒させていただいたお茶会で、
「ペンネさん、すごく変わった気がします!」
「どうして変わられたのですか?」と言ってしまいました。

そんな失礼な質問にも、にこにこと
引っ越されて、ピアノを弾く環境が変わり、
響きが変わり、綺麗な音、気持ちの良い音、というものを強く意識して弾くようになったというようなことを
おっしゃっていました。
ご自分で憧れる音があって、変わりたいと思い、そして、自分で変わることができるって、本当にすごいと思います
おっしゃるとおり優しい、気持ちの良い音でした

公開レッスンは、ペンネさんのレッスンされる様子を垣間見れて、楽しかったです。
お嬢さんが、気持ちを込めて弾かれていて素敵でした

ペンネさん、素敵なコンサート、ありがとうございました。
ますますのご活躍をお祈りしています!

posted by Roo at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

夏オフ♪モーツアルトピアノソナタ4番

毎年、参加させていただいている夏オフ♪

皆さん、ピアノの音を楽しんでいるような演奏で、楽しく、うっとりと聴かせていただきました。
連弾、クラリネットとのアンサンブル、自作の歌や、弾き語りもありましたよ♪

私も、弾かせていただくのを楽しみにしていたのですが、
いざ、自分の番になると、間違えは置いておいても、思ったような音が出てこなくて、
慌ててしまいました。あんなにドキドキしたのは、久しぶり!

「最近は、目も、耳も、頭も・・・

といっていたら、

「昭和のわんこ」どうし頑張りましょうとメッセージをいただき、嬉しくなりました

来年も、参加させていただけるよう、頑張ろう!


(自宅での練習)



posted by Roo at 16:14| Comment(2) | TrackBack(0) | モーツアルトソナタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

お友達の発表会♪♪♪

先日、お友達の発表会に行ってきました。

ベートーヴェンソナタ op.26 一楽章

いい曲ですね〜。憧れの曲
ちょっと前までは、あれも弾きたい、これも弾きたいと思っていましたが、
最近は、素敵な曲だけれど、一生弾けないんだろうなと思ってしまいます。

そんな曲を、発表会のとりを務め、完璧に弾かれていて、

ただただ、なんて素晴らしいと感動していました。

長い曲なのに、流れがあって、変奏が進むにつれて盛り上がったり、いろいろ変化があって、
最後は、静かに終わり・・・かっこいい〜〜引き込まれて聴かせていただきました。

ドレスも曲にとても合っていて、優雅で、気品がありました
以前、お友達が、やはり、ベートーヴェンの曲を、ベージュの光るドレスで弾かれていましたが、
この色は、ベートーヴェンに合う気がする。


久し振りに、ピアノのお友達ともおしゃべり出来て、楽しかった




posted by Roo at 10:15| Comment(2) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

お友達の発表会♪

今日は、お友達の発表会を聴かせていただきました

娘さんとの連弾2曲に、ソロ!
どうしたら、こんなにレベル高く、次から次へと仕上げられるの〜〜?

娘さんとの連弾は、うらやましい限りです
落ち着いたブルーのレースにラメがキラキラ光る素敵なドレス♪娘さんのピンクのドレスとお互いに引き立てあって、とても素敵でした
美しいお二人にうっとり、そして、息もぴったりに奏でられていく演奏にどんどん引き込まれていきました。
本当に、完璧!素晴らしい演奏でした


ソロのベートーベンソナタ31番は、オーディションで受賞された曲。
そんなに良く弾けている曲を、また、本番で、弾かれるというのは、精神的に、とても、大変な事ではないかと思います。
また弾きたい、もっと素敵に弾きたいというお気持ち、素晴らしいな
弾き終わった後、もうこれで終わりにするとおっしゃっていましたが、それにふさわしい、本当に素敵な演奏だったと思いました
でも、また、聴かせてね


posted by Roo at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする